4月1日(金)長谷川伸ネタバレ会

一対一で繰り広げられる縄時間。
始まってみると縛ることに精一杯で、相手を見て感じて、その時々に応じた対応ができず、お互いが望む満足度への到達ができない方が多く見受けられます。
SMは一人で遊ぶものではありません。特に縛り手は相手の状態をしっかりと見定めて、感情をしっかりと見極めて誘導しながら縛る必要があります。
そんな中「これが解答である」という訳ではありませんが『長谷川伸はこういったポイントを大切にして、相手のどんなところを見て、どんな判断基準で縄遊びをしているのか』を解説する機会を設けさせていただきます。
多くの縄が好きな方の参考になれば幸いです。
ご参加は完全予約制となりますので、ご希望の方はフォームまたはTwitterDMにてお申し込みください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。